【N国発】NHKと電通の黒い関係(ワールドカップサッカー)

2019年8月17日

NHKと電通の黒い関係

【N国】立花党首のYoutubeでNHKと電通の関係を掲載した動画がUPされました。
ざっくりまとめてみました。
時期、数字等、動画より流用していますので、公表されていないので正確ではない可能性がありますのでご了承ください。
詳しくは動画を見てください(下の方にリンク入れておきますが、長いです)

現在、ワールドカップとオリンピック

はNHKが直接買い付けているわけでは無く、間に電通が入っています。
電通は、成田豊氏が社長を務めたときに、韓国と非常につながりが強くなったと言われています。
日韓ワールドカップ、韓流が流行ったのもこのころですね。
※前提として、NHKは使っているお金が受信料にも関わらず、公表していません。

FIFA、ICO

電通

JC(ジャパンコンソーシアム)NHK + 民放 ※実質NHKが電通と交渉。

立花氏は、2002年日韓ワールドカップサッカーまで担当していたそうです。

1998年まではABU(アジア太平洋放送連合)から買っていた。
2002年からは電通が間に入り、JCと交渉。

1990 イタリア 6億(BS)
1994 アメリカ 6億(BS)
1998 フランス(日本初出場) 6億

2002 日韓 60億 NHKは1試合で6割の36億払う。残りの2試合はくじ引きで決定。
※この時から電通が間に入ったそうです。

———————————————————

※以下数字は発表していないので想定のようです。
2006 ドイツ 160億
2010 南アフリカ 200億
2014 ブラジル 400億 ※スカパー撤退。
2018 ロシア 600億

2006年からの数字は発表していないので想定。負担比率も不明。
電通がFIFA.ICOにいくら払っているかも不明。
2018年ロシアから金額が高過ぎて、テレ東は撤退
各民放が負担できるのは25億ぐらいなので、恐らくNHK500億、民放100億だと推定。

FIFA2000億のうち600億円を日本が払っている
(ちなみにオリンピックは200億以上)

当時立花氏は元NHK海老沢会長にもおかしいと、説明していた。

当時の立花氏の上司、城田登良男氏が電通と仲が良く60億まで吊り上った。
後に、株式会社 エキスプレススポーツに天下り、社長になる(現顧問)。
※ちなみに株主は電通です。
現顧問の杉山茂氏はNHK時代、本を万引きして警察の取り調べを受けたそうです。
※この件については審議は不明ですが、2012年に立花氏が公開してから、反論等は一切無いようです。

NHKは電通に乗っ取られている。

※現在の電通は韓国に繋がりの強い会社。

元NHK海老沢会長が電通を抑えていたが、2005年1月NHK退社。
2008年北京オリンピックまでは立花氏がIOCから直接買い付けていた、約200億(NHK8対民放2)
立花氏、退社後
2012年ロンドンオリンピックで電通が間に入り200億が350億と発表された。

2012年に海老沢元会長に連絡を取り「NHKは電通に乗っ取られたんですね」と尋ねたら、「お前は今頃気づいたのかと」叱られたそうです。

フランスワールドカップで6億だったのが、ロシアは600億です。
その内、約500億がNHK受信料から支払われています。
相撲協会へ年間30億払っているのも公開されていない。

立花氏曰く

この構図はNHKが電通に儲けさせるためにやっている。
NHKのメリットは、電通が作った会社に天下っている。

民放は大半をNHKが支払っている為、NHKの悪口は言えない。
何故なら、立花氏が公党になってから、これだけ注目されているのに、一度も、民放に呼ばれていない。

文春も電通の配下。
立花氏は文春でスキャンダルを公開したが、海老沢氏が失脚した後は、立花氏が持ち込んだNHKのスキャンダルを一切掲載しなかった。
※広告をもらえなくなるため。
気づくまで時間がかかった。

NHKがお金を使わないと値下げしろと言われるから、好き放題使っている。
※新社屋1700億やNHK職員の報酬も納得いきますね。

NHKはいろんな形で政治家と繋がっているため、議論されない。

国会で予算について聞きたい。

以上

生々しい発言がかなり出てきましたが、NHK側から反論があり、立花氏が謝罪するようであれば、等ブログ記事は修正、削除します。
今しばらく静観いたします。

紅白の裏動画もアップしてたのでリンク入れておきます。