【除名】二瓶文徳 中央区議員 他「NHKから国民を守る党」

2019年7月3日

【除名】二瓶文徳(中央区議員)「NHKから国民を守る党」
他の除名者は立花さんのサイト、自分のブログ等で確認してください。全部で10人います。

2019年9月9日(月)「NHKから国民を守る党」党首、立花孝志参議院議員が脅迫容疑で事情聴取される。

 二瓶文徳中央区議員が月島警察署に脅迫で被害届を出し受理され、本日、警視庁に事情聴取を受けました。場所は月島警察署ですが警視庁の取り調べです。また、9/11の15:00から再取り調べです。

立花氏は、「有罪になれば国会議員は辞める」と断言しています。また、「二瓶文徳氏とは徹底的に戦う」との事です。※立花氏は、過去に5回被疑者になっておりますが、前科は一度もつていません。
この話を大きくし、注目させたかったとも言ってました。明日、中央区議会に傍聴に行きます。

先週二瓶文徳についてマスコミに根掘り葉掘り聞かれ、確認したら事前に掴んでいた。情報がリークされている、警察は知らないと言っていたがそんなわけない。

【メディアの記者さん、二瓶文徳氏へ取材してください。】

立花氏インタビュー(テレ東NEWS 警視庁がN国・立花党首を事情聴取より)

※抜粋。まるっとではないです。

彼(二瓶文徳)は、「N国」から出馬したにも関わらず、弁明もなく、議員を続けるようですので許せないです。公務員、議員なのに何故、直接自分に対して意見を言わないのか、文章すら無い。

今回、自分は当日に訴えられた事を知ったのに、メディアは事前にこれを掴んでいた。そのことに関して警察に文句を言ったが、警察は知らないと言っていた。相当上の人からの圧力があったんじゃないかと思っている。既得権益者が沢山いる。

被害届が受理されたことはすばらしい。白黒はっきりする、これで二瓶文徳氏へ取材へ行くでしょ。僕の闘争本能にも火がつく。明日も行くけど、中央区へずっと抗議活動へ行きます。彼に謝罪、説明を求めているのに、謝罪しないのは、彼は悪いと思っていない。嘘をついて中央区議員になった。二瓶議員が区民、NHKの被害者に対して加害者になっていることを分からせる。

今回の件で有権者が警察に厄介になるような人間がふさわしくないと言うなら辞めざるをえない。それでもやれって言うならやります。

他の議員さんみたいに逃げません。
同じようにするなら入院しましょうか?そうするとマスコミ追っかけないですよね(笑)
「政治家いつも入院するじゃん。」(笑)
逃げないから、どんどん叩いてくれていい、こっちは仕事してるつもり。やり方に過激な部分はあったと思ってるけど、正当防衛の範疇です。

今回の元動画(現在は規約で削除)は、「お父さんを裏切って自分達と一緒に政治家やろうよ」って言ってた時の動画で愛情を持ってやっていた。

有罪、または有権者から「国会議員としてふさわしくないんだ」と多くの声を頂けばやめる。混乱させてまでやるつもりはない。

「NHKをぶっ壊す」ことは議員でなくてもできるのでそこはやります。議員は発信力強いけど、すべての議員だとは言いませんが、議員であることを守る為に議員をやってらっしゃる方が多い解決しない、竹島の件で共産党の議員とやりましょうと言っても返事が無い。僕は国会議員にしがみつくつもりはない。

なるべく客観的に双方の主張を書きたいのですが、二瓶文徳議員から一切発言が無いため、とりあえず経緯をまとめます。

とは言え、二瓶親子始め「公認当選して離党」は人としてどうかと思いますけどね。

・二瓶文徳氏(現中央区議員)、その父親の二瓶文隆氏(現江東区議員)は2019年2月に「N国」から公認を得ます。

・2019年4月「N国」から出馬し区議選挙を戦い、二人とも当選しました。
ちなみに中央区議員の年収は、1300万円以上らしいです。25歳で1300万円以上すごいですね。父親と合わせて4年間で約1億円の収入ですか…。

・父親の二瓶文隆氏から、党としての活動を一度もしないまま離党の申し出があり、当然、離党は受け入れられず「除名処分」となります。
当初、二瓶文徳氏からは直接に離党理由を聞いていなかったので、猶予を与えていたのですが、結局は、離党理由・主張等を一切伝えず、当選してから一度も立花氏と面会もしないまま「除名処分」となります。そして、今日にいたるまで、二瓶文徳氏は、謝罪どころか、立花氏と会話すらしていません。父親の言いなりのお坊ちゃんなのでしょうか?

二瓶文徳議員のコメントが出ると思われますので待ちましょう。

お金の話

選挙前から、当選した時は党のルールで130万円(当初は100万円予定)を払う事を決定をしていました。この、党に納めるお金は、厳密には参議院議員選挙の為に貸すお金であり、3年後には返済する約束でした。他の除名議員も、お金を払わないので、同じように除名になっています。

二瓶文徳は「NHKから国民を守る党」からの除名者の一人(過去ブログ)。

自分は、この党名どおりに立花さんが活動をしているので、自分の選挙区でもある塩田氏に投票しました。
他の選挙区で投票した方もほとんどが「NHKから国民を守る党」の名前で投票していると思います。
落選したなら離党も結構ですが、当選したにもかかわらず、舌の乾かぬうちに離党するのは道義に反しています。
理念が違うのであれば、議員を辞職して再度立候補するべきです。

ほぼ間違いなく、最初から「NHKから国民を守る党」を利用するのが目的だったと思われても仕方がないです。
不満があるなら「自分が、内側から変えていきます」ぐらいの気概があっても良いではないですか。

各選挙区の皆さん良く考えて見てください。

ちなみに、自分は、立花さんのシンパではありません。
山本太郎を支持している事は気に入らないし、道理に反したことをやれば反支持にもなります。
ただ、NHKへの考え方は共感できるので今の所、支持させていただいています。

父親の二瓶文隆議員の言い訳です。(立花氏Youtubeから引用)

二瓶文徳議員(25才)は離党理由も、主張もなく、挨拶もせずに離党(除名)したそうです。
中央区はこんな人が議員で良いんですかね?リコール出来ないのか?

組織も大きく発展し人も金もいっきに拡大したと思います。
私は、政治を知る税理士、行政書士、政治資金監査人としては希有な人材と自負しています。
そこで、私と息子の文徳は、外部性、公平性を見せながら現職議員や候補者の相談にのるポジションとすべきと判断しました。
既に、立花さんから二瓶に相談してくれとの事で、私も旧知だった江戸川の田中けんさんには諸々相談対応しています。
上記の理由で政党との距離を起きますがご理解下さい。

また、先ほど行政書士の吉田さんから連絡頂き、給料を支払う事務所職員や秘書がビラ配りなどは、運動員買収となり、本部はその事は注意して大丈夫でしょうが、たくさんの候補者を管理体制が整わない状態でかってな行動でマークされかねないと懸念しています。
そんな方々に対しての相談にも乗らせて頂きます。

それでは必勝を祈念致します。