平井大臣、学校のIT化パソコン配備より、まず国会のが先だろ。

PC入れれば良いってものじゃない。

政府は全国の学校に1人1台のパソコン配備の方向で動いている。

教科書を沢山持ち運ぶ必要は無いとしているが、果たしてそうだろうか?

自分もデジタル化は賛成だが、学校に関してはまだまだ時間をかけて行わないと、大混乱を起こす可能性がある。

考えられる問題点(自分の思うところです)

・学校の先生が対応できるのか?
→教材の用意やスキルの問題

・パソコンやタブレットに対応できない生徒への対応は?

・宿題は自宅にネット環境が無くてもできるのか?

・PCを用意しても、壊れた時の対応はとれているのか?
→データを、生徒ごとでクラウド等に保存。
→壊れた時の、代替え品と、修理の対応。

・字を書くことも、教育の一つ。

・PCはスペックに依存するので、いつ入れ替えをするのか?

・セキュリティの問題。
ウイルス、サイト閲覧制限、etc

それよりも、まず国会をすべてデジタル化して見本を見せてほしい。質疑をFAXで何十枚も送ったり、国会の資料を職員たちが分厚い紙の資料を用意したり、ここに関しては、デジタル化はハンコより効果があるのではないでしょうか?できない議員は、印刷して売れば良い。