ついたり離れたり、お笑い政党「民主党」復活か?国民民主党+立憲民主党。

上から目線の福山哲郎幹事長が吠えています。

常に上から目線の立憲民主党福山哲郎幹事長、国民民主党平野博文両幹事長と会談して、両党を一旦解散させ、新設合併方式で新党を立ち上げ、党名を「立憲民主党」で略称を「民主党」とする案を出したようだ。

前々から立憲民主党に併合と言う形で合併しようとしていたが、玉木代表が拒否していたため破断していましたが、「立憲民主党」で略称を「民主党」?、福山氏は、期限は区切らないものの速やかに回答するよう求めたたって、やはり上から目線の提案です。

「略称の民主党は、かつて政権交代を果たした知名度もあり、大きな信頼と期待を寄せていただけるのではないか」と発言してますが、すでに国民からは大きな笑いを寄せている現状に気づいていないこの自信はすごいですよね。

一旦解党という事は、政党助成金などの党にあるお金は国の国庫に返還するはずです。ただ、何か抜け道があって、そのまま返還しない可能性もありそうですね。平成30年の政治資金収支報告書には国民民主党には「100憶」以上のお金が残っていました、一方立憲民主党には20憶弱、もし返還しないのであれば、金目当てかもしれないですね。

しかし、略称とは言え、民主党を復活させて支持を得られると思ってるんですかね。1+1は2にならない可能性も十分あります。個人的には玉木代表は評価しているので、森ゆうこ議員や原口議員追い出して、仕切り直して頂きたいです。国民は、結構まともな議員多いんですよ。

お笑い政党は何処に行くんでしょうか?