大阪都構想、218億円コスト増はガセ。共産党山中智子氏が事前にずばり。

フェイクニュース大阪市役所のクーデターと橋下徹氏。

急に出てきた、阪市財務局が試算したとされる、218憶円の数字。誤報の殿堂メディア、朝日新聞、毎日新聞、偏向報道のNHKも大々的に報じましたが、大阪市は今回の制度設計に基づくものではないとする見解を発表しました。NHK関西は誤報の報道をしましたが、朝日新聞はちんまり、毎日新聞はいまのところ見当たりません。日本学術会議では散々フェイクニュースと騒いだのにこういう時はだんまりですかね。そういえば東京新聞が静かでしたね?

それより驚いたのは、報道が出る前の10/23のテレビ討論会で共産党山中智子氏「財政に詳しい人に説明して頂きました218億」と発言していたとSNSで話題になっていました。大阪市役所の反対派、大阪自民党、立憲民主党、共産党が絡んでいるのは間違いなさそうです。まあ自分達の利権が無くなるので必至と言ったところでしょうか?

立憲民主党や共産党は普段は自民をボロクソに叩いているのに、利権が絡むと共闘するんですね?

大阪市の松井市長コメントと産経の記事。

「政令指定都市を4つつくる場合の数字を出すというのは大間違いだし、公務員としてまずい対応だ。公式発表する場合は、僕の所を通らないといけないが決裁していない。それが、こういう形で表に出されているというのは、何らかの圧力を感じている」
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20201027/2000036578.html NHK関西より

「人口約270万人の大阪市を単純に4つの政令市に分割した場合、標準的な行政サービスにかかるコストが毎年度約218億円増加する」との一部報道により「市民に誤解が生じている」として、「特別区に移行した場合の数字ではない」と異例の説明を行った。
https://www.sankei.com/west/news/201027/wst2010270028-n1.html 産経より

2020.10.23の共産党山中智子氏、テレビ番組でメディア発表前に218憶円知っていた?「財政に詳しい人に説明して頂きました218億」と発言。