【あたりまえ】立憲民主党、国民民主党合流。党名投票。玉木党首拒否。

国民民主党の玉木党首は合併したくないようです。

個人的に、旧民主党のなかで、玉木議員は指示しています。

立憲と国民が合流協議で合意したと報道が出ましたが、どうも両幹事長同士で決めただけで、国民民主党の玉木議員は合流に難色を示しているようです。そもそも紆余曲折があり、国民を混乱させ党が分かれたのに、今さら合流する考えが分からない。原口議員と森ゆうこ議員は立憲向きだと思いますけどね。

当たり前と言っては当たり前だが、泥船同士が合流したって大して変わらないし、政治資金(主に政党交付金)の問題もある。仮に合意した場合、立憲は20憶前後、国民は100憶以上の政党交付金を持っていると思われ、その行方も注目されています。政党交付金の交付を受けた政党は、解散した場合は総務相は残った政党交付金や支部基金の返還を命じることができます。立憲は小さいが国民は100憶ありますからね。

上から目線の立憲民主の福山哲郎幹事長。

相変わらずの空気の読めない立憲民主の福山哲郎幹事長は、大嫌いな玉木代表に文句を言ってる。

立民の福山哲郎幹事長は記者団に「幹事長会談で整理してきた話で、解決済みの問題だ」と強調。「(玉木氏は合流を)やる気がないからいろいろなことを言われるのかなと思わざるを得ない」と牽制(けんせい)した。

玉木代表も難しいところだと思いますが、このまま解党、合流してもプラスになることは何一つなく、多くの人は言わずとも分かると思いますが、1+1=2にはならず、0.5とかマイナス効果しか生まれないと思います。国民民主を解党するなら、いっそのこと新党を立ち上げて、国会で憲法を議論する党を立ち上げてほしいです。左翼的思考の議員がいると今の日本みたいにお笑い国会しか生まれない。「もりかけさくら」などは、国会外でやっていただきたい。

新党名「投票」提案に玉木氏納得せず 立民幹事長「やる気ないのか」