【裁判】国民民主党、森ゆうこ議員。名誉棄損、プライバシー侵害。答弁開始。

2020年8月1日

【拡散】毎日新聞の誤報は、森ゆうこ議員の持ち込み記事?

「わっかんなーい」の森ゆうこ参議院議員が昨年、国会内の答弁で、原英史氏に対して金品の授受を指摘し、名前、住所などをさらしたことがあった。

簡単に言うと、毎日新聞の誤報に飛びついて、調子にのり、プライバシー侵害をしてしまったという事だ…と思っていたら、原英史氏の記事によると!

訴訟の第1回の答弁が2020.7.31に開催された

答弁書で驚いた二点目は、一連の経過に関することだ。私はこれまで、起点は毎日新聞の誤報で、森議員はこれに飛びついてしまったのだろうと推測していた。ところが、答弁書によれば、逆だったのだそうだ。端緒は森議員が漁業法改正に係る経過を調査していたことで、そこで明らかになった事実をもとに毎日新聞社が取材を重ね、記事が掲載されたという。

要は、森ゆうこ議員がネタを毎日新聞へ提供し、毎日新聞はそれを元に記事にし、その記事を用いて国会内で原英史氏を糾弾したという、突っ込みどころ満載の手法を用いている。さすが日本の三大フェイクメディア(共同・朝日・毎日)というところだろう、それとも毎日新聞が森ゆうこ議員にまんまと騙されたのか、これから明らかにして頂きたいものです。

しかし、国民民主党の玉木氏は、森ゆうこ議員や原口議員をどう思ってるのでしょうか?大変そうですねぇ…

詳細は原英史氏のFacebook等を見て頂ければ分かります。(原英史氏facebookより)

森ゆうこ議員に対する訴訟第一回口頭弁論が7月31日11時~東京地裁にて開かれます。自分自身の名誉回復等もありますが、それ以上に、こうしたことが繰り返されないよう、問題の生じる構造を究明し、国会論戦の改善などにもつなげられたらと考えていま…

原英史さんの投稿 2020年7月29日水曜日

森ゆうこ議員との訴訟審理開始:答弁書で驚きの新事実、毎日新聞は検証を(アゴラより)

毎日新聞と、国民民主党のしのはら孝議員、匿名アカウントも同件で訴えているとのこと。

2020.6.11毎日新聞1面記事。2020.8現在訂正はしていない。BPO物でしょ。