【鳩山由紀夫】習近平主席を絶賛。ウイグル族、臓器収奪には触れないのか?

2019年12月7日

元民主党、元総理大臣の鳩山由紀夫が中国の習近平国家主席に面会?をしてきたようです。その中の会話をツイートしました。

ツイート内容

鳩山由紀夫
12月3日
習近平主席と国際フォーラムのメンバーで面談し、発言の機会を得たので、一帯一路を友愛の理念で経済と環境の共同体にし人類運命共同体としたら如何かと申し上げた。習主席は一国主義に対し多国間主義を求めていくために、一帯一路の理念を大事にして人類運命共同体を作り上げていきたいと述べられた。

12月3日
習近平主席は「天下もって公と為す」という言葉を使った。礼記の中の言葉で孫文がよく使ったと聞く。政治は為政者のためにあるのでなく、全ての民のためにあるということだ。皆が一緒に利益をもたらすのが望ましく、国際協力で共に繁栄しようとも述べた。どこかの為政者に聞かせたい言葉である。

>全ての民のためにあるということだ。皆が一緒に利益をもたらすのが望ましく

ウイグル人、チベット人、法輪功等、中国で迫害にあっている沢山の人達がいることをお忘れですか。

このバカの発言は置いておいて、
以下に臓器移植についての情報を記載します。

虎ノ門ニュース。ミキペディア「中国発 戦慄の臓器ツーリズム」参照。

下の方にリンク貼っておきますが、驚愕な内容なので気持ちの弱い方は見ない方が良いかもしれません。

現在、中国は現在臓器移植を国家的に推進しており、盛んに国内で移植手術がおこなわれています。

指定病院も160以上あります。

ここで驚く数字があります。

通常、移植手術を受ける場合は(アメリカ例)適合ドナーを探すのに平均で4年ぐらいかかります。

これに対して中国は、2週間、早いときは1日で移植手術が行われています...。

お気づきですか?

適合者は、親兄弟でも何分の一、まして他人では数百分の一以上の確率です。(臓器によって差はあるようですが…)

これって、移植希望者一人に対して数百人のストックが存在するという事です。

ちなみに中国公式発表の移植者は年間1万人、非公式では6万人~10万人いるといわれています。

単純に掛け算ではないですが、100万人規模の「人間牧場」が存在している事は想像がつくと思います。

自分は、以前ウイグル人のミフリグル・トゥルソン(Mihrigul Tursun)さんの中国当局から受けた行為の漫画を思い出しました。

清水ともみさんTwitterより


読んでいただけると、大体の方は気づかれると思いますが...。

他にも、2000年から臓器移植数の増加が始まってますが、1999年に法輪功が禁止になり、数千人以上の人が当局に拘束されています。※詳しくはネットをググってください。

香港ので拘束され、本国に連行された人も…

タイミングが全て合っている事が恐ろしいです。

これまでの内容は、日本の政府も、マスコミも一社も取り上げていません。

これは、先ほどの10万人の移植者の中に、政府・メディア・財界人がかなり含まれており、金、女(ハニートラップ)、臓器移植で中国政府に弱みを握られて口封じされているとも動画の中で紹介されています。

テレビでは、唯一2008年の北京オリンピックの後に、激流中国と言う題材でNHKがシリーズを放送したそうですが、圧力で中止になったそうです。

最近のメディアは、偏向報道がひどすぎますが、臭いものにはふたをする報道姿勢も、メディアの共産党化がますます進んでいると見たほうが良いでしょう。

実は、動画の中ではもっと残虐なことが記者や学者が語ってます。余りにも凄すぎて、ブログに書くのは今は止めておきます。習近平主席を国賓で読んでも良いのか?

【詳細】SMGネットワーク メディカル・ジェノサイド 更新版 PDF

http://smgnet.org/wp-content/uploads/2019/09/JP-booklet-20190806-web-ref.pdf

中国の世界要人に対しての4色(4っつのトラップ)。

金→お金
赤→ハニートラップ
青→サイバーテロによる情報収集
緑→メディカルトラップ(臓器移植の弱み)

【DHC】2019/12/4(水) 上念司×大高未貴×居島一平【虎ノ門ニュース】

左の赤い線が囚人数。右が移植数です。中国当局は囚人の臓器を移植していると公表しています。それもどうかと思いますが。

反日種族主義他お勧め