記者クラブとは=カルテルを結んで同業他社を排除する組織。

面白い動画を見つけました。
N国、上杉隆幹事長の記者会見の説明です。※ネット情報も引用しています。

日本の記者クラブは、世界に類を見ない「情報カルテル」を結んでいるそうです。

以前、東京新聞の問題記者の望月衣塑子さんが菅官房長官にあしらわれて問題になり、ネットでも議論されていました。記者クラブは声明を出すわけでもなく、存在意義そのものが薄れている状態です。
メディアがこれって、何なのでしょうか?

ぶら下がり、ぶら下がり取材(記者が取材対象者を取り囲んで行う取材方式。)、がありますがこれも日本だけだそうです。
Off the Record(記録されない)会見です。
これは、各記者が公式に質問できない案件等をぶつける方式で、ちなみにN国立花氏は「ぶら下がり」は禁止しており、質問はすべて動画記者会見で発言を通達しています。
不評だそうです。記録に残るのが都合に悪いのですかね。

何故、記者クラブ...大手メディアはぶら下がりに執着するかと言うと、公式に質問を記録されると問題があるからのようです。
もちろん、取材を受ける政治家も後でごまかせるので同罪かと思います。

どちらにせよ、既得権益に固執するメディアはもはや共産国並みのレベルの自称メディアなので、この程度なのだと思います。

【ルール違反!?】本当の「記者会見」を説明します。世界に遅れる日本型メディア。#立花孝志 #浜田聡 #丸山穂高 #上杉隆