日本チャーター機派遣は、安倍首相の決断。茂木大臣の交渉で実現。

2020年2月6日

虎の門テレビの上念司氏からの情報です

以前のブログで政府が動いていないと批判を書いたことがありましたが、誤っていました(大変失礼いたしました)。

実は中国が武漢市を1月23日に封鎖する前から安倍首相は在湖北省・武漢市の日本人の帰国の手配を取り始めていたとのことです。

現在日本は、3機のチャーター機を手配して、約600人の日本人が帰国しています。また、4機目のチャーター機も近々に向かいます。

安倍政府は、日本人が感染した場合現地で治療を受けられない事を知り、早急に安倍首相の指示で実現したとのことです。

ちなみに日本は、バスで各ホテルの日本人を迎えに行ってスムーズに帰国を実行しましたが、アメリカ等の他国はチャーター機は飛ばしたが飛行場までは自力で集まらせているため、ほとんど進んでいないとのことです。

安倍首相の指示、茂木大臣の中国と交渉が迅速に実行されています。

このことに関しては、安倍首相の判断は評価できるものだと思います。

ちなみに、野党はいつもと一緒です。

中国

Posted by master