石油はいらないのか?立憲民主、安住。自衛隊の中東派遣の中止要請。

立憲民主党、安住淳はじめ野党の発言、これは中東の石油を放棄するという事だろうか?。

安住淳議員が、中東情勢が緊迫していることを受けて、自衛隊の中東派遣の中止をと報道が出ました。

危険なことは国民も知っている。

いかないで済めば事欠かないが、主だった国々は、ほとんどが派遣してる中、「金だけ出せばよい」の時代はすでに終わっているのではないか?
いつまでも平和ボケしたお花畑状態の野党は、政権の批判以外に何もできない体たらく、小中学生のがまだましだ。また、いつものごとく代案もない安っぽさ。

立憲民主党・安住国対委員長:「戦闘状態に近い状態まで緊張が高まっているという認識でありますので、こんななかに自衛隊の艦艇をですね、1隻派遣して調査をするという感覚はちょっと信じられないなと思っております」

黙ってみている、何もしない方が信じられない。世界から立ち遅れている中、さらに日本の立場が後退してしまう、こいつら野党は日本を沈没させるのが目的で、日本を良くしようなんて一切考えていない。

仕事しろ。

ふと思い出したが、22憶円無駄遣いの上田清司は何をしているのだろうか…?。