ヘイトが止まらない。米ハリーハリス大使の口髭に反感。

口髭まで

韓国に駐在するハリー・ハリス(英名:Harry Harris)米国大使の口ひげが、「当時の植民地時代の総督を思い起こさせる」と文句を言い出している。※「統治時代」が正しい歴史です。

 

ハリス大使は、日本人の母親を持つ日系米国人です。これに加え、アメリカからの圧力が厳しいこともあり得意の「被害者妄想」が始まったようです。

 

旭日旗も、ここ十数年で出てきた後付け被害者妄想ですが、今回は人の容姿まで文句を言い出しました。

 

これは、ヘイトと言っても良いと思います。

 

先日の日本の裁判所で「嫌韓デモ団体名の公開は違憲でない」と、ヘイトに対して厳しい判決を下しました。しかし韓国は日本に対してヘイトだらけで、それに対して日本のメディアは多くを語りません。腐ったメディアには何も期待できません。

そんな中でも、韓国のゆがんだ反日教育に対して活動しているWWUKさんのような方が頑張ってくれるのが、せめてもの救いでしょうか。かなり、マイノリティーですが…。

「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に“反日洗脳”から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

韓国、米大使の口ひげが物議 日本の朝鮮総督を想起