【手ぬぐいの使い道】マスクを作る。そのままマスク代わりでも。

2020年3月12日

最近マスクを作ってる人が増えましたね。

自分はハンカチを持たない。その代わり「手ぬぐい」を持ち歩きます。高いのは使うのもったいないので、安目の物を40枚以上持っています。屋号ものやカラフルなものまで沢山あります。綿100%の柔らかい手ぬぐいが好きです。

一部ですが。

ハンカチとして使う事が多いですが、暑いときに作業するときは、頭に巻いて職人さんみたいにすることも結構あります。
※仕事に行くときは1枚余分に持っていきます。

夏にはペットボトルカバーに使ったり、水にぬらして首にかけて、冷やしたり、意外と用途が沢山あるんです。

デザインも値段も幅広く、沢山あるので買うとき迷うんですよね。

最近、新型コロナウイルスでマスクが不足していますが、手ぬぐいを使用してマスクを作成してる方を、ネットで良く見ます。自分は裁縫は苦手ではないですが、マスクはあるので作りませんが、結構いろんな柄があり、大きさも調節できるので面白いかもしれませんね。
ネットでググっていただければ結構出てきますので、ご参考にしていただければよいと思いますが、使い捨てのマスクを見ながら作れば簡単です。練習にホチキスで試しに作ってみても良いかもしれません。何層にしたら苦しくないか試してから作成してください。スカスカでも息が出来なくても使えないですから…。

手ぬぐいマスクの良いところは、そのまま水に入れて洗濯してしまえば再利用が簡単なところです。ポケットを作って、使い捨てのフィルタを間に入れても良いかもしれません。