ゴーン被告、無断出国。検察を無視した裁判所の責任は?15憶没収。

2019年12月31日

まさかとは思いましたが、特別背任などで起訴されて保釈中の日産自動車、前会長のカルロス・ゴーン被告が、無断でレバノンにプライベートジェットで出国しました。出国手続きもされていない可能性もあり、前代未聞の手に出ました。今後は、日本の司法にいちゃもんを付けるのだと思います。
【訂正】日本から第三国への出国は何か(楽器箱)に隠れて出国したと報道されていますね。そこからプライベートジェットで偽名で入国が正しいようです。相当数の協力者がいた模様です。
※手口がはっきりしたらブログ修正します。

ちなみにレバノンではゴーン氏は英雄扱いだと言われてる記事を多く見ますが、そうとは限りません。レバノンは政府の汚職が多くゴーン氏もそれに組している一人と若い人からは思われているようです。

 

ゴーン被告の保釈金15憶は没収だと思われます。
【追記】裁判所が保釈取り消しを認めました15憶円没収です。

 

さあ、日本の司法、面目丸つぶれ。

検察は当初から逃亡を危惧していたとの報道もあり、起きるべきして起きたとコメントしてる方もいらっしゃいます。裁判所の設定した15億円の保釈保証金もゴーン氏に対しては意味がなかったようです。スーパーお金持ちが逃亡して犯罪から逃れる事ができる世界は残念です。

検察を無視して、保釈を許可した裁判所、あれこれ理由をつけて保釈させた弁護団の責任も問われそうです。弘中惇一郎弁護士は知っていたのでしょうか?、彼が弁護士のまま出国していたら、弁護士として最大の汚点だと思います。
【追記】弘中弁護士知らなかったとコメント出しています。完全な裏切りです。弁護士としての責任も問われそうです

ちょろいな日本って世界中に思われますね。恥ずかしい…。

ホリエモンがYouTubeでとりあえずゴーン被告が居なくなったのでこのままうやむやにするんじゃないかと…言ってました。

ICPO(国際刑事警察機構)を通じ国際手配する方法もあるが、さて出し抜かれた検察はどう出るか…フランスも動くのかな?

声明:

「私は基本的人権が無視され、差別が横行し、有罪が前提となっている人質ではなくなる」
「私は政治的迫害や公正のない状況から逃れた。メディアと自由に話せるようになった」












時事

Posted by master