立憲民主党、石垣のりこ議員、デモ暴力集団ANTIFAに賛同。

ANTIFAはテロ組織とトランプ大統領。

過剰拘束により、黒人のジヨージ・フロイド氏が無くなってしまった事件で、黒人差別問題としてアメリカでデモが拡大しています。その中でデモや暴力を基本として行動している集団「ANTIFA」が先頭になり、各地で殺人や破壊、略奪、そして警察署や町の占領が起き、アメリカ国内が荒れています。

日本でも、小さいデモが起きていますが、その中で、日本の政治家である、立憲民主党の石垣のりこ議員は自身のTwitterで「ANTIFA」を肯定しています。

アベガーである立憲民主党なので、安倍政権批判は笑って見てますが、さすがにこの発言は怖いものを感じます。アメリカでは極左集団としてテロ組織だとトランプ大統領がコメントしましたが、その組織の行いに対して「私は喜んでANTIFAと呼ばれたいと思います。」と言い切り、訂正もしていません。本気なのか、勘違いしているのか不明です。

ANTIFAは特に組織化されていない「反ファシスト」の極左集団です。昔の日本で言う日本赤軍みたいなものかもしれません。ANTIFAに入るには身分調査や面談などがあり、入団後はデモ活動の訓練があります。組織化されていないとはいえ、実際は集団同士が連携を取って動いており、その実態はよく分かっていません。しかし今回の騒動で、躊躇なく暴力に走る怖い集団だという事が分かってきています。

つい最近渋谷でクルド人のやらせ抗議がありましたが(※自分の見識です)その時も立憲民主党の「石川大我参議院議員」が参加していました。「ひわき岳、立憲民主党杉並区議会議員」もANTIFAの旗の映像を流しデモに参加したと堂々と動画を上げています。立憲民主党は「ANTIFA」と組みしているのかもしれません。