JR北海道札沼線。突然のラストランにバカ鉄?道民?大集合。

2020年4月17日

固まって撮影。最終電車満員(超3密)。

新型コロナウイルスの再拡大が懸念される北海道で、緊急事態宣言の全国拡大を受け、北海道の札沼線(JR北海道)のラストランが突然決まった。

普段であれば、ラストランに人が集まるのは結構だが、今は新型コロナウイルスの拡大を防ぐために全力を挙げている時期だ。高輪ゲートウェイの開業時もだったが、「バカ鉄」が集まり、感染の危険にさらされた。

売店も出ていて、かなりの人が詰め掛けていた。

地元の方も道民の方も、寂しい気持ちは分かるが、今はその時では無いでしょう。JR北海道もいつかイベントをやるとか人が集まらないように講じるべきではなかったのではないか?

地元テレビ局がヘリコプターでラストランを撮影氏のがせめてもの粋な計らいか…。

自分や家族が籠っているのが馬鹿らしくなってくる。もはや感染拡大は奇跡に賭けるしかないのでしょうか?

札沼線、突然の別れ 緊急宣言で最終運行前倒し