【石垣島】バカが引き起こした、沖縄県石垣市全市民自宅待機。

2020年4月17日

恐れた事態が日本全国で発生している。

骨抜きの特措法による、7都府県の緊急事態宣言や海外渡航禁止により国内で移動する人間が地方へ移動し、新型コロナウイルスの感染を拡大させている。中には仕方なく移動している方もいるので一概に批判はできないが、問題は自己欲で移動している人間だ。

先日も、ホストが客を引き連れ北海道へ集団で観光?したり、茨城県のパチンコやスポーツジムへわざわざ行ったり、ゴルフ、観光で様々な場所への移動者が多くいる。

今回の件は、石垣島等の有名な観光地のある、沖縄県石垣市に観光に訪れた本土の人間が、同市の20代の男性に感染させた。
その感染させられた男性に100人以上の濃厚接触の可能性もあるため、石垣市が緊急事態宣言し全市民に2週間以上の自宅待機を指示していると、たった一人の感染者の為に「人口、約5万人で、約2万5千世帯」が身動きが取れなくなる事態だ。またこの地区は医療が脆弱でもある地域なので今後が心配される。

持ち込んだバカは、すでに帰路についている。

そういえば、タレントの石田純一氏も私用で沖縄に入り感染が分かり非難を浴びているが、この石垣島に新型コロナウイルスを持ち込んだバカはどう考えているのだろうか、万が一このせいで犠牲者が出たら間接的に命を奪ったことになる事の重要を伝えたく思う。そして、これは石垣島に限った事ではないことを肝に命じてもらいたい。症状がなくとも新型コロナウイルスを保有している。

緊急事態宣言を首都圏で出す話が出始めたころから、必ず実家に帰ったり、コロナ疎開や、観光地への旅行が増えると危惧していたが、やはり多数の新型コロナウイルスを拡散してしまった。本来なら移動を強制的に禁止するべきだが、強制力のないゆるゆるな緊急事態宣言は意味もなく、仮に全国に緊急事態宣言を出しても「バカはいなくならない」。罰則も無いので恐らく今後も続くだろう。

良く、政府が…と言う人間が居るが、「法律に無い以上それはお門違いです」。戦争の後遺症で強権を政府は発動できません。それを良しとしていた国民の責任もあるのです。

石垣市では、控えるように案内も出している。

全市民、自宅待機へ 石垣市でクラスター感染か 濃厚接触100人以上の恐れ