志村けんさんが亡くなり、馬鹿なマスコミが病院に押し掛ける。

2020年3月30日

報道陣が陣取り待ち伏せ。

志村けんさんが亡くなり、ドリフターズ世代の自分としてはショックで残念でならない。あまり触れないようにと思っていたが、こんな時に馬鹿なマスコミ報道陣が病院に殺到している。

新宿区の国立国際医療研究センター前にマスコミ、報道陣がたくさん集まっている

いい加減にして頂きたい。

新型コロナウイルスが蔓延している真っただ中なのに、本人も決して喜ばない。粛々と取り上げるのが礼儀です。

結局ワイドショーでは残念と言いながらネタとしての価値があれば何でもよい。

はっきり言って、寒気がする。

志村けんさんが付き人からメンバーになり大人気だったころ、古いドリフターズの映画を見た時、焼き芋屋だったか、新聞回収の兄ちゃんで1シーンだけ出演したことがあったのをなぜか、覚えている。そこから、いつの間にかトップに上り詰め、本当に面白い人でした。