大分県クラスターMAP除外。一転院内感染か?九州危機感薄い?。

大分県は、厚生省が作ったクラスターマップに載ってしまい、その後削除したという経緯がありましたが、皮肉にも院内感染(クラスター)が起きてしまった可能性が出てきました。ほぼ決まりだと思います。

2020.3.20の国内の新規感染者数は54人。欧米よりは少ないとはいえ予断は許さない状態です。気になるのは海外からの帰国者の感染が数件確認されており、逆輸入いや、中国からのEU経由の輸入が始まったという事だろう。指定国からの帰国者は検査と14日間の経過観察が義務付けられているが、強制力のない要請なので、もはやざる状態になってきた。と言うのも沖縄県の女性が結果が出る前に、羽田経由で帰宅してしまい後に感染が確認された。何とかならないものか…

また、もう一つ気になるのがSNSで九州の人はマスクも少ないし、危機感が薄いコメントが見られる。確かに周りに居なければ実感が湧かないのも気持ちは分かるが、大分のように、いつクラスターが発生するか分からないので(3/21時点可能性)、各首長は今一度注意していただきたいものだ。

海外からの帰国者もどこに戻っているのか、政府以外には分からない状態も不安です。

大分医療センターで院内感染5人 九州初の「クラスター」か

厚労省作成「コロナクラスターマップ」こんなにお粗末

厚労省、クラスターマップを修正し、最新版は大分、和歌山2県除き13カ所に

#武漢ウイルス
#WuhanVirus
#中国ウイルス
#ChineseVirus)
#COVID-19

日本

Posted by master