保釈を勝ち取り逃亡された弘中惇一郎と高野隆が無責任辞任。懲戒請求も。

最強弁護士、人権派弁護士と言われた二人が、無責任にも辞任してしまった。結局謝罪もせず逃亡する形になりました。人権派弁護人が聞いてあきれます。

弘中惇一郎弁護士ら弁護団は、ありとあらゆるゴーン被告の管理方法を裁判所に提案して保釈を勝ち取りました。「知恵を絞り、証拠隠滅や逃亡はありえない」と地裁に提出し、検察は「逃亡の可能性があるから保釈を認めるな」と言ったにもかかわらず、その提案を裁判所が許可してしました。弁護団の一人、変装弁護士、高野隆氏は「日本の司法制度の実態に原因があると」開き直りました。

弁護士、裁判所は関係ないと言っている人もいますが、弁護士は被告の連帯保証人のようなものではないでしょうか?報酬をもらって弁護を受け、結果的に国を欺いた形になったのに逃げるってどうなんですかね?

 

誰かが、弘中淳一郎弁護士に対して東京弁護士会に懲戒請求を出したようです。懲戒請求は誰でも出すことができます。※以前ノリで懲戒請求出して訴えられた事件もありましたね。さあ弁護士会の判断がまた面白そうです。

 

弘中弁護士に懲戒請求 ゴーン被告逃亡「故意か重過失」

 

今回の逃亡で日本の司法が世界中から馬鹿にされることになり、また、もっと保釈のハードルが高くなったのは間違いないでしょう。
人権弁護士?自分には金をもらって何でもやり責任を取らない弁護士の事を言うように思います。

 

 

時事

Posted by master