保釈中のゴーン被告が出国、逃亡か?。海外メディア報道。

2019年12月31日

追記:逃亡です。

読売新聞から
保釈条件は変更されていない。
検察幹部も確認中だ。
弘中惇一郎弁護士も「お話しすることは何もない」とコメント。

これって、保釈が取り消されて、15億円の保釈保証金が没取されるのか?いや、されるよね。
15憶も微々たるものなのか?。

おいおい、現時点で出国記録は無いもようで、別の名前で出国した可能性もあると見られてるって…日本とレバノンの間には犯罪人の引き渡し条約が結ばれてなく、国際問題にも発展しそうですね?

米国の広報担当者を通じて「私は今レバノンにいる」との声明が発表されました。完全逃亡で、さあどんな戦い方するんでしょうかね。

ゴーン被告の出国、驚く検察幹部…「海外渡航禁止」保釈条件に変更なし

さあ、荒れそうですね。弘中弁護士知らなかったら超恥ずかしいし、指示なら駄策です。

最初に、逃亡したのか、司法取引で合意したのか、不明だとの事です。

2019.12.30、仏レゼコー紙が、12/29、特別背任などで起訴され保釈中の日産自動車、前会長のカルロス・ゴーン被告が日本を出国してレバノンに到着し、ゴーン被告はトルコを経由してプライベートジェットでレバノンの首都ベイルートに到着したと報じられています。

やっぱ相当金持ってるんですね。

日本のメディアは全く気づかなかったようで、弘中惇一郎弁護士もコメントを出していませんが、弘中弁護士なら海外逃亡を指示してもおかしくないと思います。

個人的に敏腕弁護士と言うより、うやむや弁護士のイメージが強いですので…。

ゴーンさんってフランス国籍を持ちながら税金の安いオランダ・アムステルダムで会社組織の税申告地をしてたり、とにかくお金にまつわる話が多いですね。

保釈中のゴーン被告がレバノンに到着か、逃亡か正規出国か不明

地に堕ちた栄光…在仏30年の女性ジャーナリストが見るゴーンの悲劇












時事

Posted by master