【在大韓民国日本国大使館】日本と韓国の放射線量表記開始

在大韓民国日本国大使館にて、日本と韓国の空間線量率を表記開始

日本の首都(東京),福島県(福島市・いわき市)及び韓国の首都(ソウル)の空間線量率の掲載を休館日以外毎日UPするそうです。

河野太郎防衛大臣の置き土産です。

河野氏Tweet‏
私が外務大臣当時に指示した、東京、福島市、いわき市、ソウルの空間線量率の在韓国日本大使館のホームページへの掲載が始まりました。今後、大使館休館日等を除く毎日更新されます。韓国において日本の放射線量についての関心が高まっていることを受けての対応です。

ちなみに
9月26日12時00分時点(単位:μSv/h)日本と韓国の空間線量率

福島市:0.133
いわき市:0.060
東京:0.037
ソウル:0.120

です。