【衝撃!】DHC韓国法人謝罪は、全員殺害予告があった。

2019.8.14のDHCTVないで山田社長が、DHCTV報道内容についての不買運動に対してDHC韓国法人が謝罪したことについてコメント。

DHC韓国法人が謝罪を即時出したのは、「全員殺すと」と脅されて謝罪を出さざるをえなかったと説明
※スタッフは韓国の警察に守られて全員帰宅している。

もともと、韓国のケーブルテレビJTBC(中央日報の子会社)DHCTVの映像を使用許可求無に、無断使用して放送したことに対して韓国内で不買運動に繋がった問題です。

DHCTVでは一部引用等は問題にしていないが、JTBCで使ったDHCTVの画像をDHCTV側で日本語字幕でで使用したところ、著作権侵害で削除されたという。
これぞ「盗人猛々しい」と居島一平さんも呆れていました。

YouTubeに対応はしているが、時間がかかっているため、現在はその部分をカットして再アップしている。

セオル号事件の産經新聞の加藤さんの事件を思い出す。
※中央日報の記事を引用したら訴えられた事件。

昨日2019.8.14、DHCTVのスタジオを撮影に来た韓国のクルーもいた。特に申し入れも無い。

JTBC(中央日報の子会社):朴元大統領のスキャンダルを一番最初に報道したメディア。(有本)
JTBC口火を切った報道は誤報だったという話もでている、そもそもこのメディアは報道の名を借りた火付け役。朴大統領を失脚させる工作だったのでは?(有本)