【効果あるのか】韓国人ビザなし渡航制限。

2019年7月15日

旅行するときにビザが必要な国があります。
入国許可書みたいなものですけど
友好国や安全な国等と「ビザの免除」を国同士で決めてます。

今回、優遇措置(「ホワイト国」)廃止にともない、韓国は日本旅行禁止運動や不買運動が盛り上がっているようですが、日本から「ビザの免除」を廃止しようという意見が出ています。

韓国ビザ発給厳格化!

渡航制限ですね。

昨年韓国から日本への観光客は754万人

も来ており、日本への観光客の24%占めています。
すごいですね。

当然、旅行業界への影響は多大だと思いますよね。
※2019.7.15現在でも、不買運動によりかなりの減少が見込まれそうです。

日韓関係に詳しい韓国人専門家は、「観光客を増やそうとしている日本が754万人もの観光客が減少するような行為をするはずがない」といっています。

面白い数字のデータがあります。
観光庁が発表した2018年の訪日外国人消費動向調査のデータです。

訪日外国人が日本で使った1人当たりのお金を見てみると、上から
※主に、宿泊費、飲食費、国内での交通費、娯楽費、買い物代
オーストラリアで24万2050円
スペイン23万6996円
イタリア22万4268円
中国22万3640円
アメリカ19万
カナダ18万
間端折ります。
ベトナムが18万
マレーシア13万
タイ12万
フィリピン12万
間端折ります。
韓国は、なんと断トツの最下位で7万7559円です。

近いので、気軽に来れることも要因の一つなので、一概に安いとは言えないですけれども、金額ベースでは10数パーセントと言ったところでしょうか?

個人的な主観ですがそれ程でもないような気がします。

また、日本人の専門家は、来日している韓国人は若い人が多く、昔から反日教育をしていてもこれだけ来ているので思ったより影響がないのではないかと言われています。

先日テレビ番組で対馬の韓国人観光客の番組が放送されていました。

元々対馬は漁業の盛んな島でしたが、近年、漁獲高が激減しており、現在は韓国人観光客頼りになっています。
一部の韓国人だけだと思いたいのですが、非常にマナーが悪く、ゴミをそこらじゅうにすてるそうです。
飲食店に持ち込みをすると聞いたこともあります。
もっと問題なのが、島の人達が、韓国人に土地を売ってしまい、そこに別荘やホテルや民宿を建設するというものです。

実は、韓国では対馬は昔、朝鮮民族が支配していたと韓国国内で吹聴されていて、専門家も危惧をしていました。
お得意の歴史を都合の良いものに書き換えるパターンですね。
対馬は、朝鮮の戦争時に最前線となっていた場所で、現在自衛隊基地も存在しています。
その敷地の周りが韓国人の保有地となっています。
日本政府はそういうところは規制しても良いと思いますけどね。

効果は?

個人的にはどっちでも良いかなと思いますが、おかしな反日を掲げた人間が多く入ってくるようだったら渡航制限かけても良いのかなと思います。
マルチビザを発行するという手もあるみたいですしね。

政府の渡航制限をする目的は恐らく文ちゃんsの支持率は若い子たちが低いため、批判の目を政府に向けさせろ事じゃないでしょうか?

就労ビザ

就労ビザの審査を厳しくするという話も出ています。
韓国の若い子たちは、国内での就職先が無い、あっても条件が悲惨等、海外に就職先を求める人が非常に多いです。

グローバル企業は、英語が堪能な韓国人を積極的に採用してる所もありますので、日本企業も韓国人向けに説明会等を開いたりしてます。
ただ、今回の件でどうなるかは不明ですね。
安全と言う意味でリスクを避ける企業が出てくるかもしれません。

個人的にはどっちでもいいですが…