EXCEL超初心者マクロ(0)-マクロって何、簡単?無理?-

EXCEL/ACCESS

EXCELのマクロとは。
そんなフレーズで検索すると沢山出てきますね。

内容は…

・マクロとは、エクセル上での作業を記録し、自動的に実行してくれる機能です。
・一連の作業がボタンひとつで終わるため、時間を短縮することができ、記録の段階で間違えない限り、ミスをすることなく連続して同じ作業が実行できます。
・マクロとはマイクロソフトのエクセルに標準装備されている、複数の手順を記憶して、自動的に実行させる機能のことを言います。
・マクロはVBAを使って作成したプログラムのことです。
….

じっくり読めば分かると思いますが、意外とみなさんここで引っかかっています。

ちょっと昔ばなしさせてください。
自分はもともと、COBOLというプログラムからシステムに足を突っ込んでいます。といっても、学校に行ったわけでもなく、会社で配属されたのがきっかけです。
EXCELは、Windows3.1が世に出たころになんとなく程度で使うようになり、時がたち、世の中はどんどんシステム化され、データーで管理される時代となり、それを補う形でマクロを使用する機会が増えました。
最初は、できるや、超簡単なんて付く本も無く、分厚いマニュアルが頼りな時代でしたね。
昔ばなしはここまでにして、結局マクロってどうすれば覚えられるの?自分には難しくて無理かなぁ…なんて思ってる方も結構いらっしゃいますよね。

自分の主観ですが、マクロは簡単そうで実はそうではありません。
が、それは1から覚えたときです。私もいきなりマクロ作成してくださいといって、まっさらな状態から始めたら結構でこずるかも知れません。いや、自信ないです。
用は、サンプル(見本、お手本)とやる気があれば、ぐっと近づきます。
作り方も作った人の癖が出ますので、自分に合った人のまねが良いと思います。

もうちょっと時間ください。
マクロって何ができるの?これもぐぐれば出てきますが、アイデア次第では大抵のものは作れます。ただ、大きな弱点として、大容量のデータはあまりお勧めしません。大容量といっても、内容や環境にもよりますが、100万件ぐらいなら、大丈夫です。※データだけACCESSに置くという手段もございます。

自分は、仕事で50本以上作っていますが、ざっくり紹介します。

・一番多いのは、データの編集です。
外部とのやり取りで、テキスト(CSV)やEXCELをもらって、自社のシステム用に変換したり、反対に自社から出力されたデータを取引先に渡すなどです。

例)
テキストの取込み、出力(これ覚えると良いです)
→電話番号のハイフンを抜く。
→半角を全角に変換する
→改行や余分なスペースを消す
→要らない項目を消したり、結合したり
→別のデータから、データを抽出する
→不備データをチェックする
編集に関しては、大抵のことはできてしまいます。

・ヤマト運輸の宅急便番号を大量調査
→これは良く使いましたが、MAXで4000件の調査したことがあります。※配達完了、配送中等。

・マスタ管理。
→EXCEL内に既存システムからマスタを取込み、閲覧、または修正して、UPする。

・納品書作成。
→受注データを入力してそこから納品書と宅急便伝票を作成

・管理資料
→受注・売上げからの、YOY、MOMなどの管理資料。※当然見やすく

・請求書の作成
→出荷データから、請求書の作成。それまで3日かかっていた業務を、1時間ぐらいでできるようになりました。

・amazon商品金額調査。
→商品コードから、金額の抽出。

・その他いろいろ。

まあ、いろいろできるのはお分かりだと思いますが、これを覚えろといっても???だと思います。
とにかく、自分のサイトにもいくつかありますが、マクロのサンプルを探してそこから逆に機能を調べていき、作ったマクロは保存して次回に参照できるようにしてください。
ネットで探せば自分よりも遥かにすごい人が沢山います。

自分のサンプルは、ご自由にお使いください。保障は致しかねますのでお願いいたします。

簡単ですが、ここまでお読みいただきありがとうございます。
マクロかの一番の目的は、ミスを無くす事と、処理時間を短くして楽をすることです。

とりあえず。以上

EXCEL/ACCESS

Posted by master